こんにちは、白川夏妃です。

 

今日は「ストレスに負けない為の解消法」のお話。

先日、どうしたら幸せって感じられるか、
イライラや不安から脱出できるかということをお伝えしました。

「イライラ・不安からの脱出、幸せと感じる為の方法」の記事はコチラ

そもそも「ストレス」ってなに?

イライラや不安、怒りなど精神的ショックなどが加わった時に
起こる体の変化・反応をストレスと呼びます。
(現在、成人病の80%はストレスが原因と言われています。)

これらの原因となる刺激をストレッサーと言い、
このストレッサーが加わると血圧の低下や体温降下など示します。

これが引き金になって、交感神経を通じて副腎髄質からアドレナリンが分泌されます。

次に視床下部→下垂体を介して副腎皮質刺激ホルモンの分泌が促進されます。

すると、副腎皮質からの糖質コルチコイドの分泌量が増え、
副腎皮質は肥大し、ショックからの立ち直りが起こり
ストレスに対する抵抗力を維持し、カラダを防御します。

しかしながら、ストレッサーが強く、
そして長く続くとそれに対応するエネルギーに限界がある為、
消耗してしまいます。

ストレスに「ビタミンC」は必須

この糖質コルチコイドを合成する時に必要なのが「ビタミンC」です。

なので様々なストレスが増えている現代生活において、
「ビタミンC」の補給は必要になってくると思います。

実際、私も毎日サプリで補給しています。

サプリに関してはアメリカのものにしています。

 

iHerb というサイトから購入しています。
(日本のサプリは一切飲みませんw)

ちなみにカラダでは「ビタミンC」
神経系では「ビタミンB1」の消費量が増加します。

私が毎日摂政するビタミンは、
ビタミンC
ビタミンB
ビタミンE
ビタミンD です。

ストレスも減り、落ち込むことが少なくなりました。

無理にオススメはしませんが、試す価値はあるかとは思います。

アロマテラピーも活用できる?

「アロマテラピー」

最近では、「アロマ」という言葉を聞かない日がないくらい
もうすっかり生活にも浸透していますね。

でも、意外にまだ使い方を知らない方も多いんです。

アロマテラピーって「香りを嗅ぐ」イメージが強いのですが、
香りを嗅ぐだけでもリラックス効果やイライラを落ち着ちついたりと
実感できることがあります。

それだけでもすごいことなのですが、
カラダにとってはそれだけでは不十分なこともあるのです。

例えばストレスを感じると筋肉も硬直しやすくなるので
肩こりが悩みの方も多いことと思います

例えば肩こりでいうと、
オススメ精油にペパーミントやウィンターグリーンというものがあります。

ペパーミントに含まれる成分であるメントールには鎮静作用があり、
経皮吸収をし筋肉にアプローチし肩こりを緩和することが実感できます。

ウィンターグリーンの成分であるサリチル酸メチルも鎮痛・鎮静作用があり、
鎮痙攣作用もあるので肩こりにはオススメです。

サリチル酸メチルは皮膚に塗布にて吸収されると、
15分後に尿中から検出されたデータもあります。

なので香り嗅ぐだけでなく皮膚塗布して体に取り込むことで
効果を期待できる可能性が大きくなるということです。

香りをがぐことでメンタル面ではとても良いと思います。

アロマテラピーというのは「香りを楽しみ」、リラックスする、と、
「効能を利用する」こととに分かれます。

いずれにせよ、メンタル面でもフィジカル面でも
アロマテラピーが日々の生活の中であなたに
寄り添ってくれる存在になり得るということです。

 

 

ストレスにはどんなアロマがいい?

ストレスの原因にもよりますがアロマの素晴らしいところは、お薬と違って、
ピンポイントではなく、あらゆる場面であらゆる方向へアプローチしていけるということです。

オススメアロマとしてはストレスによって起きた胃の不調など、
〜胃の保護を促すアロマとして〜

バジル
ペパーミント
セロリ
ローズマリーベルベノンなど。

〜抗ストレスホルモンの分泌を促すには〜

ローレル
アカマツヨーロッパ
ブラックスプルース など。

ストレスを強く感じる方へ、
とにかく早く緩和したい!という方にオススメは…

マジョラム
マンダリン
プチグレン
イランイラン

もちろんラベンダーもオススメですがラベンダーの話は長くなるのでまた今度w

 

アロマテラピーは今では生活でみじかな存在になってはいますが、
使い方としてはとても注意が必要です。

例えば濃度。

それぞれのアロマオイル(精油)によって禁忌事項というものがあります。

基剤はなにを使い、
アロマオイル(精油)何にをブレンドするのか?

何よりも大切なのはどんアロマオイル(精油)を
使っているのかが重要になります。

これだけカラダに作用することが期待できるとなると、
質のいいハイグレードなアロマオイル(精油)を使用することをオススメします。

※私が扱うアロマオイル(精油)は実際にフランスの医療機関で扱われている天然100%のものです。

アロマオイル(精油)の選び方についてはセミナーができるほど長くなるので今日は控えますね、笑。

まとめ

ストレスに負けない為にも,
上質なサプリを飲むことも一つの解消方法ですし、

上質のアロマオイル(精油)を活用し
日々のストレスを緩和することもできます。

体質によってサプリもアロマも対応していかなければなりません。

ストレスで便秘になる方もいらっしゃるくらいですから、
ストレスによる症状も様々です。

本来あるべき自分の状態になることを意識し
メンタルへのアプローチがこれから生きていく上で
大きなウエイトを占めていくと思います。

ストレスを受ける前に、
もっと自分らしく生きていけるようになればいいですね!

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

〜あなたにいいことがたくさんありますように〜